盆(ぼん)

盆(ぼん)とは

手前の練習に欠かせないお盆

盆は物を乗せて運ぶ為の平たい器の事で、茶道具の中でも大切な役割を担っています。
もちろん、通常の点前の中では盆は登場せず、茶菓子を運ぶ時に登場するくらいでしょう。
しかし、点前のお稽古をする人にとっては、お盆は欠かせない茶道具の一つなのです。
盆を使った点前は盆点と言って、茶道の初心者でも練習しやすいよう点前の手順を簡略化し、まずは大事な所だけ覚えられるようお盆の上で点前の練習を行います。

盆点は場所を選ばず茶道を楽しめる

盆点はそもそも練習用として考えられた、簡略化した点前の事ですが、場所を選ばず茶道を楽しめる方法として人気があります。
盆点の手順は流派によって違うのですが、基本的な流れは盆の上に必要な茶道具を飾り付けるように乗せて運び、盆の上で点前を進めてお茶を点てていきます。
盆点であれば、いつでもどこでも気軽にお茶を点てる事が出来るので、趣味として茶道を始める場合でも、まずは盆点が行える茶道具のみ集めれば良いので経済的にも負担がかからず、気軽に美味しいお茶を楽しむ事が出来るのでお勧めです。

骨董品を選ぶかセットを選ぶか

茶道の練習に、手軽に点前を楽しむ為に、盆点を準備するのであれば骨董品の盆や茶碗を選び、茶道具一つ一つをこだわって探すのも一つの案ですし、盆点用としてセットになっている物を購入するのも良いでしょう。
セットになっているものには、盆と茶碗と建水、棗に帛紗、茶杓に茶筅、そして茶巾が一まとめになっているので、すぐに盆点を始める事が出来ます。
一方、骨董品であれば揃えるまでに時間がかかりますが、こだわりの盆点セットを作るという楽しみを味わう事も出来ます。
また、骨董品を探す過程で様々な茶道具に触れる事が出来、茶道具の奥深さを感じる機会にもなるでしょう。
盆点を練習の一つとして考えるのではなく、立派な点前の一種として楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする