茶器(ちゃき)

茶器(ちゃき)とは

茶器の種類とお茶の違い

茶器はお茶を点てる時に使う、抹茶を入れておく容器ですが、お茶の種類によって濃茶器や薄茶器、あるいは棗と呼ばれます。
濃茶と薄茶の違いは抹茶の濃度の違いで、正式には濃茶と薄茶の両方を扱いますが、格式の高い茶会では濃茶を使用し、お稽古の場や気軽に参加出来るお茶会では薄茶が使われるのが一般的です。
また、薄茶はお茶を点てると表現しますが、濃茶の場合は練ると表現しますので、私達がよく目にするお茶を点てる時に使う茶器は、薄茶の茶器、棗と考えておきましょう。

小さくても味わい深い茶器

さて、茶道具の中で特に可愛らしく味わい深いのが茶器です。
茶器の材質は木地や象牙、竹や陶磁器、ガラスや竹など多種多様で、デザインも黒漆を塗ったものもあれば、赤漆を使ったもの、蒔絵が描かれているものなど種類は豊富です。
茶道具はどれも値の張るものが多いのですが、身近なお店で茶器を購入するのであれば、プラスチック製の茶器に蒔絵がプリントされているものもあります。
茶器の中には数百円から数千円で手に入るものもたくさんありますので、お稽古用に自分専用の茶器を購入してみましょう。

シンプルな茶器は骨董品として価値が高い

また、お店で見かける茶器の多くは派手で華やかな印象の物が多いので、骨董品として価値のある茶器も豪華な蒔絵が描かれていると想像しやすいのですが、実際はシンプルな茶器であればあるほど、骨董品として価値がある事の方が多いのです。
例えば、凝った蒔絵の華やかな茶器が8万円で売られているのに対して、シンプルな茶器が30万円という事はよくあります。
家を整理していてシンプルなデザインの茶器が出てきたという場合は、一度骨董品を専門に扱う人に鑑定を頼んでみると良いでしょう。

茶器の扱いと保存方法

お稽古用として手頃な価格の茶器を購入した場合は、それほど扱いに気を遣わなくても問題ない場合が多いのですが、骨董品としても価値のある茶器を購入した場合は、特に扱いや保存場所には気を使わなければなりません。
茶道具は温度や湿度の変化の少ない環境で保存する事が基本ですが、茶器も同様で、箱に入れガーゼなどで包むなどして、温度変化が少なく、湿度も安定している場所に保管するようにしましょう。
温度変化の激しい場所や乾燥している場所に保管していると、木製の茶器は割れてしまう事もありますので、十分注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする