茶碗(ちゃわん)

茶碗(ちゃわん)とは

九代 大樋長左衛門 黒茶碗 銘「深山路」 坐忘斎家元箱

茶碗は見て楽しみ飲んで楽しむ

茶道で使われる茶碗の役割は、もちろん点てたお茶を飲む為の器です。
茶道具の中で最も目立ち、骨董品の茶碗であれば美術館などでも見かける事がありますので、茶道を経験した事のない人でもどこかで一度は目にした事があるでしょう。
茶碗には大きく分けて、和物、唐物、島物、紅毛茶碗の4つに分類されます。
和物は日本製の茶碗、唐物は中国製と朝鮮製、そして島物は東南アジア製で紅毛茶碗は欧米製になります。
また、一口に茶碗と言っても、様々な形、大きさ、デザイン、そして作り方の違いがあります。
例えば、唐物の茶碗はシンメトリーを意識した美しさを強調していますが、和物はいびつな形や歪んだ物まであり、そこに茶碗の美と和を見出しているのです。
骨董品として価値ある茶碗を見ても分かるように、茶碗は一つの芸術作品であり、単に飲む為の道具ではありません。
お茶を味わうだけでなく、茶碗に込められた世界観にも意識を向けてみましょう。

夏と冬で変える茶碗の選び方

茶道具は季節やお茶会の趣旨によってその場に適した道具を使う事が多いのですが、茶碗もその一つで、例えば濃茶を点てる場合は大きめで厚さのある茶碗を選び、薄茶の場合は小ぶりの茶碗を選ぶなど、その時の趣旨によって使う茶碗を変える事があります。
また、季節によって変える事も多く、夏は涼しげな印象を与える平茶碗や深さの浅い茶碗を使い、冬は深めの茶碗や筒形の茶碗が使われますが、これは見た目の印象だけでなく、お茶を飲む人への気遣いも込められているのです。
例えば、夏場に選ばれやすい平茶碗であれば、お茶は冷めやすいので暑い時でも飲みやすくなります。
逆に冬場はすぐにお茶が冷めてしまいますので、冷めにくいよう深めの茶碗が選ばれるのです。

茶碗は見所がたくさんある

茶碗には、骨董品を飾る楽しみもあれば、口当たりやお茶の味や香り感じる楽しみ、茶道という場を引き立たせる、観る楽しみなど、魅力がたくさんあります。
観るだけ、飲むだけではなく、様々な視点から茶碗の魅力を感じてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする