皆具(かいぐ)

皆具(かいぐ)とは

茶道具の基本を同じ柄で揃える皆具

皆具とは、お茶を点てる時に使う基本的な茶道具四器を同じ柄、同じ作りのもので揃える一式の総称です。
基本的茶道具の四器とは、水指と杓立、建水に蓋置になります。
水指とは茶碗をすすぐ水や釜へ補充するお水を貯めておく器の事で、杓立は柄杓を立てておく物です。
また、建水は茶碗をすすいだお湯やお水を捨てる器で、蓋置は茶釜の蓋を置く道具ですので、基本的な茶道具と言っても皆具を使ってお茶を点てるわけではありません。
しかし、皆具がなければ点前の流れがスムーズに行かなくなる為、お茶を点てる上では欠かせない基本的な茶道具と言われるのです。

四器以外も含まれる皆具

皆具とは水指と杓立、建水と蓋置の四つの総称の事でしたが、流派によっては風炉や茶釜も含めて皆具と呼ばれる事があります。
一口に皆具と言っても、どの茶道具が含まれるかはケースバイケースという事もありますので注意しましょう。

価値ある皆具の骨董品

家を整理していて骨董品の茶道具が見つかったという人は多いですが、皆具の場合は水指と杓立、建水に蓋置の四器が揃って初めて価値が出るものですので、四つまとめて保管するようにしましょう。
骨董品として価値が出るには、皆具が皆同じ状態で保管されていて、箱があるものや作者が分かるものです。
また、唐銅製の皆具であれば、真の皆具と言って皆具の中でも特に価値が高いものになりますので、唐銅製の皆具が見つかった場合は、すぐに骨董品屋さんへ鑑定に出してみましょう。

骨董品の皆具を購入する時の注意点

骨董品の皆具を購入する場合は、四器が同じ状態であるかどうかよく確認しておく事が大切です。
茶道具の骨董品は市場に出回っている数が多いので、割と手に入りやすい物が多いのですが、皆具は四つ揃って初めて価値が出るものですので、他の茶道具と比べると骨董品と出会う確立は極端に少なくなってしまいます。
骨董品はタイミングが命ですが、皆具は特にそうですので、タイミングを外さないよう常にアンテナを張り、情報を集めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする