水指(みずさし)

水指(みずさし)とは

水を足す為の茶道具

水指とは、お茶を点てる時に使う水を足す為の茶道具です。
点前のどこで水を使うのだろうと思う人もいるかもしれませんが、点前は抹茶にお湯を注いでお茶を点てるだけではありません。
客人の前で茶碗をすすいだり、全ての客人にお茶を振る舞えるよう、お湯がなくならないうちに茶釜に水を足す必要があるなど、実は点前の中でお水が必要になるシーンがたくさんあるのです。
そこで登場するのが水指なのです。

水指の種類と特徴

水指には金属で出来ているものもあれば、磁器や陶器、塗物や木製など様々な種類があります。
これらはどれを使ってもよいのですが、季節や他の茶道具との相性を考えて、上手くその場が調和する素材、デザインの物を選ぶのが基本です。
一般的には、金属製の水指は使う事よりも飾りとしての役割で棚に置かれる事が多く、木製は稽古に、陶器や磁器はお茶会で使われます。

失敗しない水指の選び方

これから水指の購入を考えている人は、骨董品として価値があるものやデザインの好みといった視点だけでなく、既にある茶道具と調和が取れるかどうか、お茶会を開く時期はどの季節が多いのかといった視点からも選ぶようにしましょう。
水指は茶道具の中でも脇役な印象が強いので、あまり深く考えず使い勝手の良さそうな物を選ぶ人も多いのですが、水際は大きさボリュームもありますので意外と目立ちます。
特に大勢の客人を招いたお茶会を開く場合は水指が必ず必要になりますので、他の茶道具の雰囲気や質と比較しながら調和の取れる水指を探しましょう。
また、夏は涼しげな印象を与える茶道具を選ぶ事が常ですので、水指もガラス製を選ぶなど冬とは違う水指を用意しておく方が、お茶会の場が調和されるのでお勧めです。

水指の処分の仕方の注意点

持っている水指を売ろうと考えている場合は、骨董品として価値があるかどうか確認してもらいましょう。
茶道具や骨董品に詳しくない人にとってはあまり価値がないと思っていても、箱書きの有無、水指が作られた年代や材質、作者によって骨董品として大きな価値がつく事があります。
お金を払って処分したり、街のリサイクルショップに売りにいく事のないよう注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする