流派による違い

茶道の流派について考えるならまず三千家

三千家とは、表千家と裏千家、そして武者小路千家の3つの流派の総称です。
茶道の流派は数多く存在しますが、現在の茶道の流派と言えば、やはり三千家が主流です。
どの流派がより優れているかという順位づけは出来ませんので、全ての流派を平等に考えていく事は大切です。
しかし、三千家のいずれかの流派で茶道を学んでいる人は多いので、茶道の流派についての知識を深めるのであれば、まずは三千家から学ぶのが良いでしょう。

三千家の成り立ち

三千家は別々の流派から来ていて、その流派で学ぶ人が多いので代表の3つとして選ばれたように思われていますが、実は3つとも同流儀の元で成長してきた流派なのです。
千利休には元伯宗旦という孫がいましたが、元伯宗旦には4人の子どもがいました。
そのうち、次男と三男、そして四男が千利休の祖を受け継ぎ、千利休の思想が体現化された各流派を継承していったのです。
次男の一翁宗守は官休庵という流派を、三男の江岑宗左は不審庵、四男の仙叟宗室は今日庵という流派を受け継ぎました。
そして、官休庵は今の武者小路千家となり、不審庵が表千家に、そして今日庵が裏千家として今の三千家となったのです。
このように、今では全く別の流派のように思われている三千家は、元は同じ千利休の茶道の思想を受け継ぎ発展してきた流派なのです。

三千家は同流儀でも違いがたくさん

三千家が同流儀の元で発展してきた流派と言えど、やはり違いはたくさんあります。
例えば、お茶を点てる時、泡が立ってふわふわとして抹茶を点てるのが裏千家流のお茶の点て方ですが、表千家や武者小路千家では泡が立たないように点てます。
また、茶菓子を出すときは表千家や武者小路千家では蓋付き器に入れありますが、裏千家では蓋のない器に乗せて出されます。
他にも、お茶を点てる時の動きや使う茶道具、茶事の進め方など、同流儀から来ている三千家とは言え、流派が違えば仕様も変わるのです。

しかし、だからといって茶道の基本そのものに大きな違いはありません。
茶道に正しい一つの決まりというものは存在しませんが、それぞれの流派で違う事をしているように見えても、おもてなし心を伝える工夫、無駄がなく合理的に動く秘訣、侘びの精神を重んじる思想、こうした茶道の基盤は皆同じものを持っています。

流派について考える時に大切な事は、表千家だからこう動く、裏千家だからこう動くと形式的に覚えるのではなく、動きが違うのであれば、「なぜその動きが選ばれたのか?」という視点で流派について考えてみることです。
そうする事で、より深くその流派の歴史や思想を感じ取る事が出来るのです。
裏千家で学んでいた人が、表千家の茶事に出席すれば仕様が違い、戸惑うことも多いでしょう。
しかし、どんな流派で学んでも、相手を思いやり、お茶を通して侘びさびの世界を感じあおうとする心は皆同じです。
一つの流派に捕らわれることなく、視野を広げてお茶の世界を味わう事が茶道の一番の基本なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする