茶道の流派の数について

茶道の流派はどれくらいあるのか?

流派とは、体系化された流儀を家元や宗家、あるいは門弟によって継承されてきた技の事で、茶道に限らず華道や能、雅楽に酒造りなど様々な分野に流派があります。
茶道の流派にも様々な種類があり、千利休から始まった流派や千利休と同時期に始まった流派もあれば、千利休以前に体系化された流派もあり、さらにそれぞれが枝分かれして新しい流派が次々と生まれていますので、茶道には多くの流派が存在するのです。

茶道の代表的な3つの流派

茶道には数えきれないほど多くの流派がありますが、代表的な流派には表千家と裏千家、そして武者小路千家と3つあります。
これらは三千家と呼ばれ、千利休の後妻の子どもが継承した千少庵が千家系に分かれて継承されてきた流派です。
そして、この3つの流派はそれぞれ別系統の流派と思っている人は多いのですが、実は明治時代以前までは表千家、裏千家、そして武者小路千家の三千家は同流儀の流派としてみなされていたのです。
三千家がそれぞれの流派として確立していったのは、明治時代を過ぎて茶道の文化の存続や継承が危ぶまれてからなのです。
これから茶道を学ぶ人、あるいは既に何らかの流派に沿って茶道を学んでいる人は、表千家と裏千家、そして武者小路千家は同じ流れを汲んだ流派であるという事は認識した上で学んでいきましょう。

流派によって変わる茶道のルール

茶道には多くの流派がありますが、それぞれの思想に基づき継承されてきた流派ですので、お茶の点て方から使われる茶道具、選ばれる茶菓子にも様々な決まりがあります。
例えば、表千家と裏千家についてです。
表千家ではお茶を点てる時、泡立てないように点てますが、裏千家の場合は泡立ちがよくなるようお茶を点てるのです。
表千家は千利休の茶道を祖としていますので、多くの人が知っている茶道は表千家と思われる事でしょう。

しかし、実はテレビやドラマ、お茶会など私達の目に触れる茶道のほとんどが裏千家の流派に基づいた茶道なのです。
茶道の流派には様々な特徴があり、私達が「これが茶道の基本だ」と思っている事は実は偏った流派の茶道である事は多いということは理解しておきましょう。
また、これから茶道を習おうとしている人は、どの流派を選べばいいのか迷ってしまう事は多いと思います。
しかし、茶道にとってどの流派が一番良いという事は決められる事ではありません。
自分が習いたいと思う先生の元で学ぶのが一番です。
選ぶ時は流派ではなく、自分にある茶道教室や先生選びを心がけてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする