水注薬缶(すいちゅうやかん、みずつぎやかん)

水注薬缶(すいちゅうやかん、みずつぎやかん)とは

華やかな印象を残す水注薬缶

通常、薬缶と言えば地味で目立たず、キッチンの中ではフライパンやお鍋の影に隠れてそれほど目立つ存在の物ではありません。
しかし、茶道の中で使われる薬缶、いわゆる水注薬缶は置いておくだけでも絵になるものばかりで、骨董品としても価値のあるものがたくさんあります。
家に水注薬缶がある人は、水注薬缶と知らずにぞんざいに扱ってしまう人も多いので、丁寧に扱って保管するなり、骨董品の買取り屋さんに持って行くなりして大切に扱いましょう。また、これから茶道具を揃えていく人は茶室の雰囲気や他の茶道具との調和を考えながら、様々な素材やデザインの水注薬缶に触れて、薬缶の魅力や歴史に触れていきましょう。

茶道具の中でも登場する場面の多い水注薬缶

水注薬缶とは、茶釜や水差に水を補給する為に使われる茶道具の事で、大きく分けて水注型と薬缶型があります。
水注型は陶磁器製のポットのような形をしたタイプで、薬缶型は金属製の薬缶になります。
流派によってある程度の違いはあるものの、「これを選ばなければならない」という決まりはありませんので、他の茶道具との調和を考えながら、自由に水注薬缶を選んでいきましょう。
また、水注薬缶は流派や薬缶の種類によっては水指や水灌、水次に水滴、注子などの読み方がありますので、特に骨董品の水注薬缶の購入を考えている人は注意しておきましょう。

見られる事を意識している水注薬缶

茶道具はどれも見られる事への意識や茶席との調和、使う人への使いやすさなど様々な事を考慮してデザインされていますが、水注薬缶も同様です。
お茶を点てる上での主役になるわけではありませんが、大きさがある事から水注薬缶は茶席の中でも目立つ為、水注薬缶には派手な絵柄や華やかな印象を受けるものが多いのです。
水注薬缶は茶道具の中でも特に、見られる事を意識して作られていると言っても過言ではないでしょう。
一方、骨董品として価値のあるものは派手さではなく、作者の分かる物や箱に入っているものや中国から渡来してきた伝世品などですので、綺麗に保管されていて派手なデザインだから価値があるというわけではありあせんので注意しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする