炭道具(すみどうぐ)

炭道具(すみどうぐ)とは

美味しいお茶を点てるなら炭道具から使いこなそう

一人前の茶人になるには、まず美味しいお茶を点てる事、ではなく、炭道具を扱えるようになる事と言われる程、茶道具では目立たない炭道具が重要な役割を担っているのです。
茶道を習い始めた人や、簡単な茶会を中心としてお茶を楽しんでいる人にはなじみがない事が多く、炭道具と言うとバーベキューで使う火を起こすセットか何かと思う人もいるかもしれませんが、炭道具は茶人にとって欠かせない茶道具の一つでもあるのです。

炭道具の種類

炭道具とは、亭主がお茶を点てる前に行う炭点前で使われる茶道具の事、茶会の出席者の前で炉や風炉の炭を組み替える点前で使用されます。
また、炭道具とは一つの道具の名前ではなく、炭点前で使われる道具一式の総称の呼び名です。
基本的なセット内容は、炭斗に火箸、羽箒に鐶、釜敷に灰器、そして灰匙が代表的です。

炭道具の主役の炭斗と羽箒

茶道具はどんな小さなものでも、人目につかない所で使われるものでもそれぞれに意味があり、大切な役割があるように、炭道具も全て必要で、どれが欠けても炭点前は成り立ちません。
そういう意味では全ての炭道具や主役になるのですが、特に炭点前で人目に付き、注目される炭道具が炭斗と羽箒です。

炭斗

炭点前を行う上で亭主が初めに持ち出すのが炭斗です。
炭斗は大きく二種類に分けられ、唐物と和物があります。
唐物は籐や竹が使われ、部分的に変化を付けた編み方と精巧な作りが特徴的です。
和物は竹や藤蔓や蓮茎を用いて作られていて、唐物と比べると作りや編み方がざっくりとしていて、気軽に使えるという印象があります。
炭斗は手頃な価格帯の物も多くありますが、骨董品であれば数十万円の値がつくものもたくさんあります。

羽箒

羽箒は炭道具の主役と言われる程、注目を浴びやすく人目に着きやすいものですので、どの鳥の羽を使うか迷ってしまう事でしょう。
羽箒には朱鷺や鶴、鷲や鷹、白鳥に雁、鷹など貴重の鳥の羽を使用している物が多く、最上は青鸞の羽と言われています。

骨董品として値の張る炭道具

炭道具は茶碗や茶釜と比べれば茶道具の中でも比較的安い価格で手に入る道具と思われる事も多いのですが、骨董品ともなれば、炭道具全て揃えるのに百万円ではきかない程、高価な物でもあります。
例えば、骨董品の炭斗で二十万円、羽箒で十万円、火箸で十万円となればこれだけで四十万円になるのです。
しかし、炭道具は長く使える物ですので、妥協せず良いものを手に入れていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする